あらゆるお悩みを解消!魔法のピンク色テープ『ゼロポイントテープ』

”貼るだけ”でカラダと心の柔軟性が高まって不調が改善!

ゼロポイントテープ

ゼロポイントテープ

ゼロポイントテープを、気になる部位に貼るだけ。

 

▶身体の痛みが改善

▶耳鳴り、不眠症など不定愁訴の改善

▶身体がグニャ~と柔らかく柔軟性アップ

▶体感のバランスが整う

▶スポーツのパフォーマンスアップ etc.

 

施術時に活用したり、テープの販売もしております。ゼロポイントテープのご注文はこちらから。

ゼロポイントテープ注文フォーム

ゼロポイントテープの素材、仕様

360度全方向に伸縮性のあるナイロン製(100%)

独自の塗布技術による通気性が高いため、ムレにくく被れにくいので肌が弱い方でも安心です。(高品質で安全な日本製)

1巻:幅37.5mm 長さ5m 定価1200円(税別)

身体の痛み 活用例①

・肩こり、腰痛、頭痛などあらゆる痛みやダルさに

・痛みがきつくて、いつも痛みが出ないかビクビクしている etc.

上記に対してセルフケアとしてご自身でもケアできるようになります。

【活用例】

▶成長痛

▶四十肩・五十肩

▶足の指の痛み

▶頭痛・胃の不調

柔軟性アップ 活用例②

・ストレッチで柔らかくならなかった前屈や開脚ができるように

・ヨガのポーズができるように

・転倒やケガの予防に

・身体の柔軟性=心の柔軟性

・ストレス解消、気持ちが楽になる

体幹力アップ(丹田活性)

・姿勢(猫背)改善

・身体のバランスが良くなる

・下腹ポッコリ解消に

・スポーツパフォーマンスアップ(瞬発力、持久力)

・緊張した場面で普段通りのパフォーマンスを発揮できるように

【活用例】

▶運動会で

その他お悩みに

・鼻水が止まった

・目のピクピクが止まった

・不眠症が解消

・イボがきれいになった

・ウェストダウンした

ゼロポイントテープのご注文はこちらから

ゼロポイントテープ注文フォーム

「ゼロポイントテープ体験会」を随時開催しています。

誰でも参加可能です。

ゼロポイント・テープとは

ピンク色を活用すると、カラダとココロの柔軟性が高まり、心身の不調が改善する

ゼロポイント・アプローチ創始者の橋本陽輔氏から、ピンク色の効果を学び、スポーツに活用されているテーピングで、様々なピンク色のテーピングを実験しました。
そして、その中で最も効果的な色の明度と素材を発見し、貼るだけで痛みがなくなる【ゼロポイント・テープ】が誕生いたしました。

参考文献
★心の周波数、上昇中♪~人生いろいろ、「色」でズバリ解決!~(トータルヘルスデザイン)
★「ピンク色のすごい魔法」(ヒカルランド)

これまでのテーピングは、貼り方、貼る部位、貼る手順など、「正しく」貼ることで効果があるとされてきました。

ゼロポイント・テープは縦からでも横からでもどちらから貼っても効果性が出るように作られたテープとなっております。

痛みや張りを感じる部位、力が入っている部位、力が入らない部位、ただ貼るだけですので、専門家でもなく、お子様、お年寄りなど一般的な方でも簡単に活用することが出来ます。

車にアクセルとぶてーきがあるように、人間の体にもブレーキ、アクセル(プラス)の役割をする部位があります。

ゼロポイント・テープをブレーキ、アクセルの部位に貼ることで、ブレーキ(マイナス)と、アクセル(プラス)のバランスが整い、結果として、本来の自然な力みのない動き、状態(ゼロ)になり、痛みの改善、柔軟性がアップすることが可能です。

ゼロポイント・テープを貼る流れ

ゼロポイント・テープを活用する場合は、次のような流れで行ってください。

Step1
身体を動かして痛みや張りのある部位、力が入っている部位、力が入らない部位を意識します。

Step2
ゼロポイント・テープを貼ります。

ゼロポイント・テープを貼る部位について

貼る部位は、ここに貼らないと効果が出ないというような正解はありません。

あなたが痛みや張りを感じる部位、力が入っていると感じる部位、力が入らないと感じる部位に直接お貼りください。(貼ったからといって、悪くなることもありません)

貼るサイズは、貼る部位によって異なりますが、2~5センチぐらいでOKです。
また、脇やスネなど毛があり、肌に直接貼れない部位、かぶれやすい方は、衣服の上からでも効果がありますので、ぜひお越しください。
(こちらもどんどん公式サイトで活用法をアップしていきます)

どこに貼ったらいいのかわからない、慢性的に不調がある方は、まずは以下の部位に張って、1週間ほどお過ごし下さい。

親指と小指(手足、左右どちらでも可)

親指はブレーキ、小指は、構造的にアクセルの役割をしています。
腱鞘炎、外反母趾でお悩みの方は、親指(ブレーキ)を使いすぎていて、小指(アクセル)を使えていないことが多いです。

貼る部位は、右の写真のように、爪を覆うように貼ってください。
また、切り目を入れると、はがれにくくなります。

仙骨(別名神骨)

人間のあらゆる行動の原点はすべて仙骨から始まっており、体を動かす、話す前に、実は仙骨が先に動いていると言われています。

また、プラクチック、セラミックなど、人工物で代替えのきかない骨で、身体の要として、全身の機能(筋肉、内臓、器官等)をコントロールしている人体のパーツです。

ある意味、車で言うと、エンジンの役割をしていると言えます。

鎖骨

鎖骨は腕を繋ぐ唯一の骨で、腕を動かすとき、鎖骨から動きます。そして、鎖骨を意識して使えると、全身がなめらかに動かすことが出来ます。また、鎖骨の下には、全身を流れるリンパの最終出口があります。車で言うと、ワイパーの役割をしています。

その他、ご自由に気になる箇所に遊び感覚で、張って効果をお試し下さい。

症状別の活用は、公式サイトで公開しております。
また随時動画でもご覧いただけるように準備しておりますので、ぜひご覧ください。