打撲

打撲(だぼく)とは、転倒などしてあざなどが出来る事を言う。

初期には内出血による患部の腫れ、及び発熱を起こし、熱が引いた後でも患部に負荷が掛かるとひどい痛みを伴うことがある。程度や体質にもよるが、軽傷の場合は1週間ほどで自然に治癒することが多い。

もし腹などを打った場合、内臓破裂の恐れがあるので、すぐに、病院に受診したほうがよい。