年明けはギックリ腰が増える時期、その理由は…?

2020/01/04 施術の出来事
たなごころ整骨治療院看板

本日、1月4日(土)から

 

2020年の診療を開始しました。

 

初日から予約満席で、多くの方にご来院いただき感謝です。

 

6日(月)も予約が埋まってしまいましたが、

 

7日(火)~11日(土)は1日1~2枠の空きがありますので、

ご希望の方はお早めにご連絡ください。

 

 

年始のこの時期、

 

多い症状が 「ギックリ腰」

 

本日も2名の方がギックリ腰で来院されました。

 

ギックリ腰の多くは、自覚があってもなくても

疲労の蓄積が原因になることが多いです。

 

お仕事や家事など、年末の忙しさによる疲れ

冬の寒さによる冷え

も原因の一つ。

 

そして、年始にギックリ腰が増える大きな原因が・・・

 

「食べ過ぎ・飲みすぎ」

 

つまり 「内臓疲労」です。

 

正月や忘年会、新年会での内臓の疲れが、ギックリ腰にすごく関係するんです。

 

何事も「~過ぎ」には注意ですね。

 

当院では、内臓疲労をケアする施術も行っています。

 

腰痛、とりわけギックリ腰には内臓の調整が必要です。

 

ギックリ腰になってしまった時は、早めの施術開始が早期改善になるので、すぐにご連絡ください。

 

ギックリ腰の予防はもちろん、

 

この時期の身体の疲労、内臓の疲労のケアもしていきましょう。

LINE